シンガポールで勉強するメリット

私がシンガポールを英語の留学先に決めた一番の理由は、コストが低い割には付加価値が大きいと感じたからでした。 英語留学と言えば誰しも最初に思い浮かべるのはイギリスやアメリカ、オーストラリアやニュージーランドと言った英語を母国語として使う国々だと思います。

もちろん私も最初はそうでしたけど、とにかく費用が高いしいきなり長期間の留学というのも勇気がいる決断でした。 そんな時ですね、アジア諸国への英語留学にはそれなりのメリットがある、と言う事を知って。中でも、経済先進国として知られるシンガポールでの留学が人気が高いと言う事で、最終的に決めた訳です。

留学を決める時、一番悩んだのはその期間でした。長期(3か月以上)にするか短期にするか。結局は、行くのならとことんやってみよう、と思った私は長期の留学にトライする事にしました。と言っても1年未満でしたけどね。 留学となるとその期間の滞在先も気になる所ですが、今回は学生寮と間借りとで迷った結果、間借りを選択しました。

間借りとは読んで字のごとく、シンガポール人が住むお宅の一室を間借りする、と言う事です。学生寮に滞在するのとさほど費用的に差が無い割に、自分専用の部屋を借りられると言う点は非常に大きなポイントかな?と思いまして。 学生寮となると、色んな学生さん達とシェアするスペースが多くなりますし、部屋も個人部屋ではありません。(個人部屋がある場合もあるけど、家賃高いです)。

まあ、考え方によってはそれも留学ならではの醍醐味でもありますけどね。 色んな国籍の学生さん達と仲良く慣れますし、コミュニケーション力も養えますから。 ただ私としては留学が長期間に渡ると言う事も考慮した場合、ある程度のプライバシーは確保されていた方が精神的に安定する気がしたので、間借りを選びました。

それに、間借りさせて頂くお宅の方々はシンガポール人なので、彼らを通してシンガポールの文化や生活習慣、人柄について知ることができる点も大きなメリットだと思います。

このページのトップへ